奈辺の日記

不確かなことを綴ります。

選ばれるセンス

あまりセンスって言葉を使いたくないのだけど、最近は「選ばれるセンス」を持っている人は存在すると感じる。

 

僕はね、選ばれない側なんだと思うのですよ。それもめちゃめちゃに選ばれない方の部類。就職活動で言えば、面接前に書類で落とされるみたいな感じ。恋愛で言えば、良い友達どまり。

 

選ばれるってことは、簡単に言えばモテること。モテるってなんなんだろう。謙遜でもなんでもなくモテない人間だから、その感覚がよくわからない。

 

こうしたらモテる、っていう公式があるのだろうか。少なくとも、相手が喜ぶことをあまりストレスなく行える人というのはモテるのだと思う。どうしても自分を優先してしまい、保身に走ってしまう僕みたいな人間は選ばれなくて正解なのかもしれない。うまいこと出来てるんだなあ、世界って。

 

でもね、自分のことばかり考えていても変な自信がある時って、案外選ばれる気がするんですよ。

 

根拠の無い自信を突き通せる馬鹿って傍から見たら本当に馬鹿だけど、目の前で勢いをぶつけられてしまうと非現実でドラマチックで青臭くてちょっと良いなって思ってしまう。根拠の無いことに邁進できてしまう勇気が羨ましく思えてしまう。結局、勇気のない人って頼りないし、それなら勇気のある馬鹿の方が幾分かマシだよね。

 

選ばれるってなんなんだろうなあ。

自己顕示欲って、高い低いではなく外向きか内向きかの違いなのでは?

「あいつ自己顕示欲強くね?」

 

SNSに投稿される「私」に対してよく言われる愚痴である。

 

Instagramで見られる「暮らしのセンス高い私」アピール。Twitterで見られる「ギャグやネタのセンス高い私」アピール。Facebookで見られる「仕事や人間関係充実している私」アピール。

 

それぞれのSNSでアピールされる「私」を見させられている側が疲弊し飽き飽きするのも理解できる。ちなみに僕はFacebookの通知は切り、いいねをリクエストしてくる輩はフォローを外しています。Twitterは「彼さん」「恋人」等のワードでミュートしています。要らぬ苛立ちは避けたいですからね。

 

ディスプレイの中で渋滞をおこしている「自己顕示欲」との向き合い方に頭を抱えている人も多いのではないだろうか。人の自己顕示欲を見たくないとか、自分の自己顕示欲を悟られたくないとか。

 

だけども、僕はふと思った。

 

「自己顕示欲って、みんな大なり小なり持っているし、欲の強さと言うよりも表現の仕方がストレスを生んでいるんじゃないか」

 

つまり、生きている人間である以上、自分の存在を示したい自己顕示欲はある。なんなら、みんな自己顕示欲は高め。だけど、それが外に向けられるものなのか、内に向けられるものなのかで人の受け取り方がガラッと変わってしまう。

 

たとえば、自分のファッションをいろんな人に見てもらいたいという人は外向きの自己顕示欲があるとすれば、自分のファッションを控えめにして周りに協調したいという人は内向きの自己顕示欲があるんじゃないかと思っている。

 

どちらにせよ、「自分を○○な存在として認識してもらいたい」という欲が原動力となって行動や表現に推移するのではないだろうか。

 

自己顕示欲は誰もが持っている。それを処理する工程が人によって違うだけの話。強い、弱いではない。うん。だから、なに?と言われればそれまでなんだけど、そんなに躍起になって自己顕示欲に目くじら立てなさんな、と言う微かな願いである。

 

 

備忘録とは言えど

久しぶりにブログの記入画面を開いてみたものの、ここのところ生活をしてきた上で特筆すべきことは露ほども無かった。

 

ただひとつ絞り出して思うことがあるとすれば、様々な立場や価値観を持つ他人の意見を尊重しようと思いすぎるとブログのひとつさえ書くことを躊躇ってしまうということだ。

 

自己顕示欲が強いとか、着飾った表現に酔いしれているとか、そもそも文章がつまらないとか、ここに書かれる文章に対してのネガティブなイメージはいくらでも思い浮かべられる。

 

その通りだとは思うのだけど、だからと言ってそう易々と筆を止めて良いものなのか、本当にそれで自分は満足なのか、疑問は残る。

 

たしかに、なんの生産性もなく、愉快でもなく、誰のためにもならない自慰行為ではあるのだけど、僕はこの習慣にそれなりに愛着が湧いているし、「書きたくないな~」と思った理由も取り敢えず忘れないように残してみることで、なにか見つかるかもしれないと期待の念もある。まあ、読み返したりしないしなにかが見つかったことなんてほとんど無いんだけど。

 

取り敢えず、僅かばかりの可能性に期待して書き続けたいなあと思ったという話。

 

■追記

そう言えば、今年はいろいろと挑む年になりそうで。ここで何か良い報告ができたら嬉しいなあと思うわけです。

 

Twitterってすこし消費されすぎるというか、「耳の調子がおかしい」とか呟いて「いいね」がつくような世界ですから、ここでしか言いたくないこともあるんですよね。

 

会ったら言えないけど、電話だったら言えることとか、遠く離れてからやっと言えるようになったこととかあると思うんですけど、あんな感じのやつをここで書きたいなあ。

 

ではでは。

叶った夢の断片

いま、過去の自分にとっての夢が叶っていたことに気づいた。

 

過去の自分にとっての夢とは、「眠れない時は起きていても良い」生活をするということだ。

 

中学生の頃から僕は夜になると活発になる習性(下ネタではない)があるのだが、親からは23時を回ると「寝なさい」と言われた。部活からヘトヘトで帰ってきて18時頃に一度寝ていたから、23時なんてまったく眠くはならないのだ。それなのに「寝ろ」という外圧がかかる。親というのは頑固なもので「眠くない」と言っても、「布団に入れば眠くなる」とかふざけたことを抜かすのだ。これは僕にとって耐え難い苦痛だった。

 

仕方がないので布団に入るものの、当然眠くないので眠りにはつけない。ではどうするのかと言うと、まずはウォークマンでラジオを聴く(そこでSCHOOL OF LOCK!!と出会った)。目当ての番組が終わると今度は好きな音楽を無限に聴き続ける。するとアドレナリンが出てきて覚醒してくる。頭が冴えてくるので、哲学とか宇宙とか、今思えばただの妄想みたいな話ではあることを永遠に考え続けてみたりする。何かしたくてたまらない気分になるのだが、下手に家を動いてしまっては親の機嫌を損なうので良くない。

 

と言うことで、中学生の頃の僕は布団に入ってから5時間ほど無に等しい時間を過ごしていた。どうやら、僕と同じ経験をしている人は少ないようだったので本当に息苦しい世界だと思っていた。

 

この時から、「眠たくなければいつまでも起きていられるような生活をしたい」と強く願うようになっていた。東京の大学に行こうと思ったのも、そんな生活を実現させるために親元を離れて自由に暮らしたいから、以外の理由が見当たらなかった。正直、その頃は大学での勉学のモチベーションなんて微塵もなかった。

 

そんなこんなで、いま僕の夢は叶っている。眠たくないので朝まで起きていることもできる。夜は余りに静かなもので、作業に没頭できる(と言って、実はTwitterを眺めてるだけだったりするのだが)。

 

当然、生活リズムは乱れる。だから、講義に間に合わないことはしばしばあるし、こんな体たらくではシフト制のバイトなんかも長続きしないので、たまに駄文を売ったり写真を撮ったり企画を考えたりして露命を繋いでいる。

 

たしかに夢は叶ったはずなのだけれど、どうにも心から幸せだとは思えない。あの頃あんなに切望した暮らしが手に入ったのに。求めなければそこまで不自由な生活でもないのに。それなのに、どうしていつも何かが欠けている気がするのだろう。しかも、この感覚はどれだけ時間が経っても、どんなに欲しいものが手に入っても、好みの女と寝ても満たされない気がするのだ。

 

ギターが欲しくて欲しくて楽器店でレスポールを眺めていた時のこととか、塾のクラスに好きな人がいたけど話しかけたりなんてできなかった時のこととか、勉強の合間に観始めてから深夜アニメにハマったこと時のこととか、親と折り合いがつかずに悔しくてベッドの中で泣いていた時のこととか、思い出すと僕は何かを叶えたくて必死に生きていたんだなって思う。

 

今僕には新しい夢がある。でも、きっと夢を叶えることより大事なことがあるんじゃないかって、考え始めているところだ。それが何なのかはまだ判然としない。だが、必死に今と向き合うしかないんだってことだけはわかる。

妥協の断片

置き去りにされた感性、行方不明の旅人、不鮮明なままのto doリスト。

 

僕らはいつも未完成かつ不完全な生き物。ご自慢の想像力を働かせてみたところで、それは核心に遠く及ばない。

 

歪んだ愛とか、お飾りの情とか、強ばった笑顔とか、そんなみっともないものを柔肌に埋もれて許されたいだけの虚栄ばかりが目に留まる。

 

昨日した妥協は今日になって思い返すことはなく、明日はまたひとつ妥協を重ねる。そうして、僕はひとつずつアップデートされていく。

 

どうか、この理想を矮小化できますように。

 

その願いが受理されれば、いつかきっと叶わなかった夢を思い出すことさえなくなってしまうだろう。

 

 

矮小の断片

最近、悩みがあります。他人からすれば取るに足らないようなちっぽけなことです。それをここに書き殴ってみることで、一時の安定が得られればと思い筆を取った次第です。

 

まず、歪んだ自意識についてです。自分が酷く矮小な存在に思えることも、僅かな成功を稀代の偉業であるかのように思って舞い上がることも、どれもすべて自意識が強すぎることに由来します。

 

わざわざ一喜一憂する必要のないことを、いちいち大袈裟に捉えてしまい、俯瞰して物事を考えることができないのです。歪んだ主観が、見える景色をありのまま捉えることを邪魔してしまうのです。

 

そのくせ、人との関係を一歩下がって見てしまい、まるで自分だけは理解しているかのような素振りを意図せずにしてしまいます。

 

心の奥底では自分より浅慮な人を見下していて、でもそれは誰だって同じだろうと思う自分も居て、挙句の果てには自分が世界で一番間違っているように思えて仕方なくなったりもして、あまり口にすべきでないようなことを考えてしまったりもします。

 

平たく言えば、この世から消えてなくなりたいと思います。もともと存在しなかったことにして欲しいくらいですし、消えた後には誰も思いを馳せないでくれたら良いのにと願っているので、新聞やニュースには載らないようなつまらない消え方を模索しています。

 

けれども、こういう事をいう人間はそう簡単には死なないことにも自覚的です。人一倍自意識が強いので、生きていたいと思う気持ちも人より一層強いのです。理想の高さと現実との乖離が、そのようなことを思わせるのだと思います。我ながら厄介な人間だと思うのですが、どうにもならないのです。

 

 

最近、インターネットを眺めていて思うことは、街中のネオンのように煌めく幸せからまるで嘲笑されている気分になったり、筋の通った綺麗な正義からぐしゃぐしゃに押し潰されそうになる感覚があるということです。

 

そのいっぽうで、人との距離を測れない人間が他人の大切に思うことを平気で貶してみせるのは、癪に障るのです。そんな人間がどのようにすれば視界から排除されるのか、うまい手立てがないかと思案したりもします。

 

所謂SNS疲れのひとつだとは思いますが、こういったちっぽけなことひとつに頭を悩ませるのも、くだらないことだとつくづく思います。

 

こうやって煩雑で幼く偏った文章を書いているのも嫌になりますが、「いいね」と言ってくれる人の声ひとつで救われたりもします。1000個のいいねがディスプレイ上に表示されるよりも、1人から「いいね」の声が聞こえる方が、肯定で抱きしめられる感覚は強いようです。

 

 

「わたなべ」という苗字

「わたなべ」という苗字は珍しくない。それどころか、日本の苗字界における「わたなべ」が占める割合は結構大きいらしい。

 

僕の苗字は「わたなべ」だ。渡辺なのか、渡部なのか、渡邊なのか、渡邉なのかはご想像にお任せするが、どれも皆一様に漢字を間違えられやすいという共通点がある。悲しきかな、同じ苗字同士でカニバリズムが生じているのだ。

 

そんな「わたなべ」であることでとある性格が形成されたのではないかと、ふと考えた。

 

言わずもがな、クラスの名簿では高確率で最後尾に位置する。であるからして、出席を取る時は最後に呼ばれる。整列する時も最後になることが多い。席は一番窓側の後ろになる。

 

そうなることがわかっているので、名簿から自分を探さないといけない時は、簡単に見つけることができる。だいたい一番後ろを見れば良いのだ。

 

物心ついた時から「わたなべ」として生活していると、ある感情が芽生える。

 

それは、一番はじめに呼ばれる「あべ」とか「いとう」さんに対する憧れだ。

 

彼らはいつも前の席で一番はじめに名前を呼ばれる。そして、何故かわからないが主人公感があるような気がする。例えるならば、長男と末っ子みたいな感じだろうか。

 

今回特筆して言いたかったことは、ずっと一番後ろにいると、物事を俯瞰して見る癖がつく気がする、ということだ。

 

席も列も後ろだから、周りがよく見渡せる。自分が最初にアクションを起こさなくても、誰かの真似をすればそれで事が済む。たまに、「じゃあ今日は、逆に一番後ろからいくかー」みたいな教師のお節介は冷や汗をかく。そんなサプライズを「わたなべ」は望んじゃいない。

 

思えば、「わたなべ」でテンションが底抜けに高い人と会ったことがないのはそのせいなのだろうか。僕の勘違いかもしれないけど、「わたなべ」の人って、皆すこし物憂げじゃないですか? クラスで一番目立つ人物に「わたなべ」はいない気がする。あ、でも高校の時、生徒会副会長が「わたなべ」だったな。でも、あいつにも明るさの中にドス黒い闇があった気がする。

 

やっぱり、「わたなべ」は暗い。