奈辺の日記

不確かなことを綴ります。

妥協の断片

置き去りにされた感性、行方不明の旅人、不鮮明なままのto doリスト。

 

僕らはいつも未完成かつ不完全な生き物。ご自慢の想像力を働かせてみたところで、それは核心に遠く及ばない。

 

歪んだ愛とか、お飾りの情とか、強ばった笑顔とか、そんなみっともないものを柔肌に埋もれて許されたいだけの虚栄ばかりが目に留まる。

 

昨日した妥協は今日になって思い返すことはなく、明日はまたひとつ妥協を重ねる。そうして、僕はひとつずつアップデートされていく。

 

どうか、この理想を矮小化できますように。

 

その願いが受理されれば、いつかきっと叶わなかった夢を思い出すことさえなくなってしまうだろう。