奈辺の日記

不確かなことを綴ります。

発明家の美学

心地よいリズムに体を乗せるだけ。たったそれだけで、喜も哀も報われるような気がした夜がある。

 

頭を掻きむしる左手より、誰かに差し伸べる右手の方がずっと臆病だ。左脳では慰められない感傷のために、右脳はいつでも言葉を浮かべた。

 

もしも人生がひとつの唄だったら、きっとCメロの辺りを幾度も再生するだろう。そのうちテープが擦りきれて、最後のサビは聴けなくなるかもしれないねと言った君の妄想は、MP3プレーヤーにいとも容易く打ち砕かれた。

 

テクノロジーは身体を拡張し続けるか。それともあるいは、身体そのものを超克するか。

 

いつか、明けない夜が発明されたとしても、そこに月の明かりは灯らないままでいて欲しい。